和漢植物の力を知る和漢植物の力を知る

古くから人は植物がもつ力を健康や美容に活かしていました。
豊かな自然に育まれた和漢植物がもつ力とやさしいうるおいを届けます。

和漢植物一覧

商品からの和漢植物一覧

アケビエキスアケビ(木通)エキス セサミ(胡麻)オイルセサミ(胡麻)オイル ビワ(枇杷)エキスビワ(枇杷)エキス
アマチャヅル(甘茶蔓)エキスアマチャヅル(甘茶蔓)エキス センプクカ(施覆花)エキスセンプクカ(施覆花)エキス ブクリョウ(茯苓)エキスブクリョウ(茯苓)エキス
イラクサ(刺草)エキスイラクサ(刺草)エキス センキュウ(川芎)エキスセンキュウ(川芎)エキス ベニバナ(紅花)エキスベニバナ(紅花)エキス
エンメイソウ(延命草)エキスエンメイソウ(延命草)エキス ゼニアオイ(銭葵)エキスゼニアオイ(銭葵)エキス ベニバナ(紅花)オイルベニバナ(紅花)オイル
オウゴン(黄芩)エキスオウゴン(黄芩)エキス テンチャ(甜茶)エキステンチャ(甜茶)エキス ボタンピ(牡丹皮)エキスボタンピ(牡丹皮)エキス
オタネニンジン(高麗人参)エキスオタネニンジン(高麗人参)エキス タチバナ果皮 [キッピ(橘皮)] エキスタチバナ果皮 [キッピ(橘皮)] エキス ムクロジ(無患子)エキスムクロジ(無患子)エキス
カンゾウ(甘草)抽出成分カンゾウ(甘草)抽出成分 テンニンカ(天人花)エキステンニンカ(天人花)エキス メロスリア(白れん[ビャクレン])エキスメロスリア(白れん[ビャクレン])エキス
キョウニン(パーシック)油 キョウニン(パーシック)油 トウキ(当帰)エキストウキ(当帰)エキス 桃葉エキス桃葉エキス
クマザサ(隈笹)エキスクマザサ(隈笹)エキス トウチュウカソウ(冬虫夏草)エキストウチュウカソウ(冬虫夏草)エキス ユズ(柚)エキスユズ(柚)エキス
ゲットウヨウ(月桃葉)エキスゲットウヨウ(月桃葉)エキス ドクダミエキスドクダミエキス ヨモギ(蓬)エキスヨモギ(蓬)エキス
ジオウ(地黄)エキスジオウ(地黄)エキス ノイバラ(野茨)エキスノイバラ(野茨)エキス ヨモギハ(艾葉[ガイヨウ])エキスヨモギハ(艾葉[ガイヨウ])エキス
シソ(紫蘇)葉エキスシソ(紫蘇)葉エキス バクモンドウ(麦門冬)エキスバクモンドウ(麦門冬)エキス リンゴエキスリンゴエキス
シャクヤク(芍薬)エキスシャクヤク(芍薬)エキス ハトムギ(薏苡仁[ヨクイニン])エキスハトムギ(薏苡仁[ヨクイニン])エキス レイシ(霊芝)エキスレイシ(霊芝)エキス
ショウブ根(菖蒲根)エキスショウブ根(菖蒲根)エキス ハトムギ(薏苡仁[ヨクイニン])発酵エキスハトムギ(薏苡仁[ヨクイニン])発酵エキス  
スイカズラ(金銀花)エキススイカズラ(金銀花)エキス ハトムギ(薏苡仁[ヨクイニン])オイルハトムギ(薏苡仁[ヨクイニン])オイル  

アケビ(木通)エキス

アケビ(木通)エキス

アケビ科に属する、アケビまたはミツバアケビのつる性の茎を木通と呼び、 古来より用いられてきました。 サポニンやタンニンなどを含むつる性の茎から得られるエキスは、 透明感にみちびく保湿効果が期待できます。

アマチャヅル(甘茶蔓)エキス

アマチャヅル(甘茶蔓)エキス

中国では、古来から健康のために利用されてきました。

アジア一帯の山野に自生するウリ科・多年生植物です。葉に甘味があることからアマチャヅルと記されるようになりました。 非常食になる植物として知られています。

イラクサ(刺草)エキス

イラクサ(刺草)エキス

金属元素やミネラルが豊富で、美容にも非常に有効であると言われています。

イラクサ科の植物。 植物全体にちくちくする毛を立て、緑がかった花を咲かせます。 古来より、「イラクサ誘導法」と呼ばれるイラクサで全身を打つという健康法が行われています。

エンメイソウ(延命草)エキス

エンメイソウ(延命草)エキス

山地に自生する多年草のシソ科の植物で、別名をヒキオコシともいいます。

オウゴン(黄芩)エキス

オウゴン(黄芩)エキス

シソ科のコガネバナ(黄金花)の根を乾燥させたものを「オウゴン(黄芩)」と呼び、 古くから用いられてきました。 主に東アジア、シベリアに分布する多年草で、紫色の花を夏につけ、観賞用にも用いられています。 フラボノイドなどを含む根の部分から得られるエキスには、透明感にみちびく保湿効果が期待できます。

オタネニンジン(高麗人参[コウライニンジン])エキス

オタネニンジン(高麗人参[コウライニンジン])エキス

肌の乾燥を防ぎ、肌のすこやかな生まれ変わりをサポートします。

ウコギ科の多年草。 原産地は中国から朝鮮半島。ニンジンという名前は根が人の形に似ていることに由来しています。東洋の伝統の中で高貴な植物として最も珍重されています。

使われている商品

雪肌精シリーズ
薬用 雪肌精 クリーム
エクセレントシリーズ
薬用 雪肌精 クリーム エクセレント

カンゾウ(甘草)抽出成分

カンゾウ(甘草)抽出成分

高い美容効果が確認されています。

中国・モンゴル・ロシアを中心とするアジア圏原産のマメ科植物の根から抽出されます。 甘草の歴史は非常に古く、古来より健康に有用な植物として、人々に使用されてきました。

キョウニン(パーシック)油

キョウニン(パーシック)油

ビタミン類を含有、美肌効果が高いと言われており、エモリエント効果も確認されています。

モモ科。食用としても広く親しまれている杏の種子、杏仁(キョウニン)から抽出した油です。

クマザサ(隈笹)エキス

クマザサ(隈笹)エキス

主に山間部に自生するイネ科の多年草で、とても生命力が強く、雪の中でも成長を続けます。 健康茶などには、ビタミンやミネラルなど有用な成分を豊富に含む1年目のクマザサが用いられています。葉に防腐効果があると言われ、食品を包むのにも利用されてきました。

ゲットウヨウ(月桃葉)エキス

ゲットウヨウ(月桃葉)エキス

ショウガ科の月桃の葉から抽出されます。月桃は沖縄や台湾、東南アジア、インドにかけて栽培されてきた植物で、大変美しい花を咲かせます。葉は食物の傷みやカビを防ぐといわれ、葉から取ったオイルは甘い香を放ち、アロマオイルや虫除けとしても重宝されてきました。

ジオウ(地黄)エキス

ジオウ(地黄)エキス

血液のめぐりを助け、より血色がよく透明感に満ちた肌にみちびきます。

ジオウは古くから血を補って滋養すると言われている重要な生薬で、漢方の処方には不可欠で、多くの漢方薬に配合されています。

シソ(紫蘇)葉エキス

シソ(紫蘇)葉エキス

シソ科、中国が原産で、日本には古来に渡来した植物です。現在では食用・香料用などに、広く栽培されています。

シャクヤク(芍薬)エキス

シャクヤク(芍薬)エキス

人々の健康のために、その根が重宝されてきました。

ボタン科、シャクヤクは寒冷地に適する植物で、排水がよく保水力のある土地を好みます。

ショウブ根(菖蒲根)エキス

ショウブ根(菖蒲根)エキス

菖蒲の水浸剤は、皮膚を清潔に保つのに用いられています。

サトイモ科。 北海道から九州、および東アジアやインドに分布している水中に生える多年草です。 端午の節句には菖蒲湯(しょうぶゆ)につかるとよく言いますが、江戸時代、武家が子供の成長を望んで、武道、武勇を重んじると言う意味の尚武(しょうぶ)に菖蒲(しょうぶ)をかけて子供たちを菖蒲湯にいれる習慣となったそうです。 菖蒲は昔から珍重されてきました。根の部分にアザロンやオイゲノールと言った精油成分が含まれており、肌への保湿効果や温浴効果が期待されています。

スイカズラ(金銀花)エキス

スイカズラ(金銀花)エキス

タンニン・サポニンを含み、健康・美容への効果が認められています。

スイカズラ科。 北海道から九州および朝鮮半島、中国に分布しています。 その一部は葉(忍冬)・茎・花(金銀花)と言われますが、臨床的には花の効力が大きく、今日では花のみが用いられるようになりました。

セサミ(胡麻)オイル

セサミ(胡麻)オイル

抗酸化作用のあるセサミンを含むゴマの種子から抽出した浸透感の高いオイル。
肌にうるおいと柔軟性を与えて角質を柔軟にするよう働きかけ、硬くなった肌もふっくらやわらげながら、澄んだ肌へみちびきます。

センプクカ(施覆花)エキス

センプクカ(施覆花)エキス

日本各地、朝鮮半島、中国に分布する、キク科・オグルマ属オグルマの頭花部分に有用成分を含有しています。長く人との関わりのある植物です。

センキュウ(川芎)エキス

センキュウ(川芎)エキス

美容処方の成分として有名です。

数世紀にわたり、広く使われてきたセリ科の植物。古くから「当帰」とともに女性のための植物として使用されてきました。

ゼニアオイ(銭葵)エキス

ゼニアオイ(銭葵)エキス

葉と花に含まれる粘液質が皮膚に有用なことが知られています。

ヨーロッパ南部、温帯アジアの原産で、日本には元禄12 年(1699)以前に渡来。和漢植物の中でも特に高い保湿効果があると言われています。

タチバナ果皮 [キッピ(橘皮)] エキス

タチバナ果皮 [キッピ(橘皮)] エキス

中国で古くから利用されてきました。

ミカン科のタチバナの果皮は、別名をキッピといいます。

テンチャ(甜茶)エキス

テンチャ(甜茶)エキス

健康・美容への効果が期待されて幅広く応用されています。

本州、四国、九州、および中国に分布する、バラ科の落葉灌木。中国では、健康茶としても用いられています。

テンニンカ(天人花)エキス

テンニンカ(天人花)エキス

抗酸化作用があり、酸化によるくすみや肌色変化を防ぐ効果が期待できます。

フトモモ科の常緑低木である天人花の果実から抽出されるエキス。多汁質で、甘い果肉は生で食されるほか、ジュースやジャムの原料にも使われます。
肌環境をととのえることで、他の美容成分の働きをサポートする効果が期待でき、くすみのない肌へとみちびきます。

トウキ(当帰)エキス

トウチュウカソウ(冬虫夏草)エキス

トウチュウカソウ(冬虫夏草)エキス

健康効果が期待され、広く使用されています。

虫を栄養源にして育つキノコの一種。長生きに有用な神秘の植物と呼ばれ、伝えられてきました。

使われている商品

雪肌精シリーズ
薬用 雪肌精 クリーム
エクセレントシリーズ
薬用 雪肌精 クリーム エクセレント

ドクダミエキス

ドクダミエキス

ドクダミ科の多年草であるドクダミの葉および茎から得られるエキスには、高い収れん作用があり、毛穴まわりの肌を引き締め、皮脂分泌を抑制する効果が期待できます。 また抗酸化作用により、肌の黄ばみや皮脂の酸化を防ぐ効果も期待されます。

ノイバラ(野茨)エキス

ノイバラ(野茨)エキス

皮脂の生成を抑制し、毛穴の目立たない明るく透明感のある肌にみちびきます。

ノイバラの名前の由来は、日本全国の野山に自制しているイバラ(刺の意味)からついたと言われています。ノイバラの果実はエイジツと称し、日本薬局方にも記載されています。

バクモンドウ(麦門冬)エキス

バクモンドウ(麦門冬)エキス

NMF成分である尿素産生の促進効果があり、高い保湿効果が期待できます。

ユリ科のジャノヒゲの根の膨大部を乾燥させ、得られるエキス。生薬として抗炎症化作用、抗アレルギー作用、高血圧抑制効果など薬効を持ち、漢方薬として広く使われています。

ハトムギ(薏苡仁[ヨクイニン])エキス

ハトムギ(薏苡仁[ヨクイニン])発酵エキス

ハトムギ(薏苡仁)発酵エキス

乾燥によるくすみをケアし、抜けるような透明感のある肌へとみちびきます。

保湿効果があるといわれており、ハトムギ種子を発酵させることで、抗酸化作用を高め、さらにセラミド合成をサポートする機能を付与したハトムギ発酵液に、保湿成分をプラスしたエキス。
※ハトムギ(薏苡仁)発酵エキスはサッカロミセス/ハトムギ種子発酵液・グリセリンです。

ハトムギ(薏苡仁[ヨクイニン])オイル

ハトムギ(薏苡仁)オイル

美容によいお茶などで知られる中国・インドシナ原産の一年生植物「ハトムギ」の種子から抽出されるオイル。
肌に柔軟性を与え、うるおいを守り、乾燥によるくすみをケアして透明感のある肌へとみちびきます。

ビワ(枇杷)エキス

ビワ(枇杷)エキス

血流促進に働きかけ、乾燥によるくすみをケアし透明感の高い肌へみちびきます。

バラ科の常緑高木であるビワの葉から得られるエキスで、江戸時代にはビワの葉を使った暑気払いの飲み物が人気をあつめており、浴用剤として用いると皮膚をなめらかにすると言われています。

使われている商品

雪肌精シリーズ
雪肌精 ハーバル ジェル

ブクリョウ(茯苓)エキス

ブクリョウ(茯苓)エキス

サルノコシカケ科のキノコから得られるエキスです。

ベニバナ(紅花)エキス

ベニバナ(紅花)エキス

キク科のベニバナ属の一年草または越年草である紅花から抽出されます。すこやかなうるおいのめぐりをサポートする効果が期待され、透明感に満ちた肌にみちびきます。

ベニバナ(紅花)オイル

ベニバナ(紅花)オイル

ベニバナは、エジプト原産のキク科の草本で、6~7月に枝先に頭状花をつける植物です。ベニバナ種子から得られるベニバナ油は、必須脂肪酸であるリノール酸を多く含み、肌にうるおいと柔軟性を与えます。

ボタンピ(牡丹皮)エキス

ムクロジ(無患子)エキス

ムクロジ(無患子)エキス

ムクロジの果肉は延命皮(エンメイヒ)と呼ばれ、サポニンが含まれているため、水に溶けると石けんのように泡立つことから、英名では「ソープ・ベリー」「ソープ・ツリー」と言い、古くから純植物性の洗浄剤として使われてきました。ムクロジの果皮から抽出して得られるムクロジエキスの洗浄効果で、くすみの原因となる、メラニンを含む古い角質や毛穴の汚れをするりと落とします。

メロスリア(白れん[ビャクレン])エキス

桃葉エキス

桃葉エキス

古くから、人の生活に有用な植物として用いられてきました。

バラ科。中国を原産地とし、西暦前20世紀もの昔から栽培されていました。新鮮な葉を浴用に浸したり、葉の絞り汁などが利用されてきました。

ユズ(柚)エキス

ユズ(柚)エキス

果実・果皮ともに有用成分が数多く含まれています。

ミカン科の植物です。食用やユズ湯でおなじみのユズは、果実を乾かして使用します。 果実にはクエン酸・酒石酸・精油を含み、果皮には精油のゲルマクレンB・C、ビシクロゲルマクレン、フラバノン配糖体へスペリジンを含みます。

ヨモギ(蓬)エキス

ヨモギ(蓬)エキス

抗炎症・抗アレルギー・保湿作用があると言われており、透明肌へとみちびきます。

各地の山野に見られる多年草「ヨモギ」の茎葉を乾燥させて得られるエキスです。

使われている商品

雪肌精シリーズ
雪肌精 ハーバル ジェル

ヨモギハ(艾葉[ガイヨウ])エキス

ヨモギハ(艾葉[ガイヨウ])エキス

健康・美容に有用であり、タンパク・ビタミンにより皮膚乾燥を防ぐといわれています。

キク科。このヨモギの、花のつかない6 ~ 7 月頃によく成長した茎葉をとり、日陰でよく乾燥したものをガイヨウと呼びます。 ヨモギは極めて有用な植物として、古くから人々の暮らしに根づいてきました。 効果に期待が高いその葉は、オレイン酸、リノール酸、ビタミンA・B1・B2・C などが含まれ、日本をはじめ多くのアジア諸国で食用とされています。 また植物に含まれる豊富なタンパク、脂肪、ビタミンにより皮膚の乾燥を防ぎ、働きを助けると言われています。

リンゴエキス

リンゴエキス

リンゴの果実から得られるエキスは、保湿効果や皮膚柔軟効果の他に、分化を促すことによりターンオーバーを正常化し、くすみの原因となる角層肥厚を防ぐ効果が期待されます。

レイシ(霊芝)エキス

レイシ(霊芝)エキス

主にウメ、モモなどの広葉落葉樹の根元に生えるキノコで、乾燥させて保存し表面を磨くと美しい光沢が生まれます。 そのエキスは、秦の始皇帝が追い求めたというほど、古くから珍重されてきました。